2013年08月26日

電子制御エンジン点検・修理

こんにちは!東京サービスセンターの渡邉です。

今回は電子制御のエンジンについてお話したいと思います。

海外のエンジンメーカではVOLVO・CUMMINS・CAT・MAN、国産ではISUZUなどが電子制御エンジンを開発・販売しています。

電子制御エンジンではエンジンで起きているトラブルが各メーカーごとに表示方法は異なりますが、エラーコードによって不良箇所を確認することができます。


IMGP3556.JPG

↑MANモニター(エラー発報中)エラーの内容・発生日時までわかります。

P エラー.JPG

↑VOLVOはタコメーターやボタンパネルにコード番号で表示されます。

また、各メーカーごとに独自の故障診断端末があります。
ミズノマリンでは、VOLVO・CUMMINS・CATの故障診断機を所有しています。ISUZUも現在検討中!?

IMGP3844.JPG

↑VOLVO故障診断端末VODIA

故障診断端末は電子制御エンジンをメンテナンスする上で必要不可欠なTOOLです。
エラーコードの診断・消去、コンピューターの書き換え、インジェクターやシリンダー内の圧縮状態の良否点検なども1台で可能です。

優秀なコンピューターによってモニター・制御されている最新のエンジンでもエラーコードの出ない不具合が最近多発しています。
中でも多いのは電源(バッテリー)の不良やヒューマンエラーなどが増えてきています。
電子制御のエンジンではバッテリーの重要度が上がります。電源不良でコンピューターが
破損して○十万・・・なんてことにならないようにちょっとでも弱ってきたかな?と感じた際には交換をおすすめしています。

出港前の点検を行わず、冷却水が減っていたことに気づかないまま出港してしまい、冷却水量のアラームが鳴り止まない・・・でも出ているアラームが何かもわからない。
っと言ったトラブルも有りました。

冷却水量の微妙な変化をコンピューターが感知してアラームを鳴らす。ごく自然なことですが、沖でアラームが止まらなくなると不安が大きくなってしまいますよね?

どんなにコンピューターが優秀でも、人の目が一番厳しく監視できると思います。
出向前にはエンジンオイル・清水量・ベルトの張り・燃料残量等の運行前点検を実施して、マリンレジャーを楽しんで下さい。

まだまだ暑い日が続きますので、熱射病等にはくれぐれもお気をつけてください。

 



posted by mizunomarine_tsc at 12:47| Comment(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。