2012年12月11日

VOLVO PENTA 型式TAMD31L 換装工事

今回のブログは中代が担当させていただきます。

ヨットに搭載されているエンジンREMAN FORD 型式SP90から
VOLVO PENTA 型式TAMD31L換装工事を紹介させて頂きます。

(※NOX二次規制の関係上、同じエンジンに換装する場合を除き、換装時点での規制に適合したエンジンを搭載しなければならないとあります。今回のエンジンは130KW未満ですので規制には適合しませんが、エンジン換装には法律の考慮が重要になりますので御注意下さい。)

メンテナンス性、馬力UPなど、全ての面でストレスが少なくなると見込め、オーナー様は大変楽しみにお待ちになってくれました。

このヨットは、木製ハルでロングキールの44フィート上架するとかなりの迫力です!
エンジンを取出すには、センターサロン床下から、サロン、さらに約1メートルの階段を上り、幅60cmの出入り口を、マリンギヤまで合わせると400kg以上もある大物を通過させる必用がありました。

1.JPG 
@センターサロン床下  SP90
 
2.JPG
A この先には広い空があるのですが!

まずはエンジンやサロンの間取りなどの寸法を計測し、事務で作戦を綿密に練り出していきます。
内容が決まれば、冷静に作業に取り掛かる次第です。

シャフト、電気配線、燃料、冷却ライン配管等を外します。
少しでも重量を軽減する為、マリンギヤは船内で切り離し、オイル、クーラントも抜き取りました。
エンジンルームから吊り上げる為にはサロン内に単管パイプで櫓を組み上げ、チェーンブロックを使用して取り出します。
お客さまの大事な物ですので、当然傷つけない為にも養生もしっかり行います。

3.JPG
Bまるで船内はジャングルジムの様になります。

そういえば、資材や工具を船内に運び入れるにも約5メートル位のタラップを上下するに事になりますので、私達はそれらを運ぶだけでも死にそうになった事を思い出します。(涙)

エンジンを抜き取る作業は、実際とても危険な作業です。冷静な気持ちで始めますが
しかし、あまりにも内容が激しすぎて迫力のある大事な場面の写真を撮る余裕がなく。すいません、ご想像でお願いします。
  
エンジンを地上まで下ろした後は、エンジンを積み込む為のエンジンベットの加工、積み込みへ進んでいきます。

4.JPG 
Cエンジンベッド修正 大阪本社からFRPのスペシャリスト佐神くんです。

5.JPG
Dエンジンオーバーホールも、床を塗装するのも綺麗な仕事してくれます。

積み込み時の撮影は沢山ありますよ。

6.JPG 
Eこの高さです。

7.JPG
Fユニックを使い吊り上げていきます。


8.JPG 
G信頼できる東京の兄弟たち、(左) 遠藤氏 (右)酒井氏

10.JPG
I船内でマリンギヤを取り付けます。

11.JPG
J据付完成です!
posted by mizunomarine_tsc at 13:01| Comment(1) | マリンビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今週木曜日に当船舶は瀬戸内海、岡崎造船まで旅に出ます。船齢が20年を超えるので少し手直しをしようと思っています。中代君、遠藤君をはじめ貴社の方々には大変お世話になりました。お陰さまで心臓部は順調に作動しています。岡崎までの75時間(600海里)は連続運転で行ってきます。来年連休くらいには東京湾マリーナまで帰ってくるのでその頃にメンテナンスをお願いすることになりますがよろしくお願いします。急に寒くなり、年の瀬も押し詰まりいろいろ忙しいこととは思いますが、けがなどしないようにしてください。
Posted by 露口 宏 at 2012年12月12日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。