2012年08月22日

Volvo Penta 250船外機

最近感動したことでメダル数最高の38個のロンドンオリンピックでの日本人の活躍だ。
水泳日本のメドレーリレーや東洋の魔女と称された女子バレーボールの悲願のメダル奪取、体操、男女サッカー、卓球、テニス等たくさん挙げられるが私が最も感動したことは劇レアーなVolvo Penta社製の船外機をゲットしたことです。

Volvo Penta社で船外機を販売していることをご存知の方は極僅かと思います。

私がこの業界に入った35年ほど前に実はあったのです。
中身は本田技研社製で22ps/5500rpmがスペックです。
製造を本田技研社が担当し、世界への販売をVolvo Penta社の販売網で、日本国内では本田技研社が輸入し販売しておりました。
この35年ほど前の船外機を関東地区の営業中にスクラップ寸前のところを見つけて即決で購入して来ました。
スウェーデンのVolvo本社のミュージアムにも飾ってありますが、ミズノマリンの大阪本社のオフィース入口に展示しました。

大阪本社へお越しの際は是非劇レアーな船外機を当時のカタログとともにお楽しみ下さい。
ホンダモンキーのチェック柄のシート地のオートバイを探すより至難の業です。

展示にあたってはお取引先のポートダグラス大高社長さんにエンジンケースを掃除から下地作りとプロペラ塗装を東京サービスセンターの中代、ロアーケーシングの磨きと塗装を同じく増子リーダーの協力の元再生しております。

このレストア技術もミズノマリンの特技です。ご協力の皆様ありがとうございました。画像でお楽しみ下さい。

DSCN1297.jpg

東京支店サービスセンター 支店長 伊谷(番外編)


posted by mizunomarine_tsc at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。